記事一覧

同窓生紹介

世界卓球日本チーム、帯同ドクターに具志堅隆氏(23期生)

  • 2017年09月29日(金)17時29分
  • by 同窓会事務局

「鹿児島県在住の具志堅 隆氏(23期生)が世界卓球大会などで帯同ドクターとして大活躍なさっている。」との情報が入りましたので、城岳同窓会員に紹介します。

最近は多彩な分野で、国内をはじめ世界的にも中学生が大活躍しています。

世界卓球大会で金メダルを獲得した、張本智和さん(14歳)、伊藤美誠さん(16歳)等日本チームにドクターとして帯同した具志堅 隆氏が那覇高出身で23期生である事がわかりました。

帯同ドクターとして、選手の健康管理はもとより、心身面でも関わりを持って、ベストコンディション大会に臨み、良い結果を導き出しています。この様な素晴らしい実績を積み上げ、次の大会に繋げる事は、素晴らしい研究の賜物だと思います。

具志堅 隆氏の様に国内はじめ世界的にも活躍する方は、同窓会の誇りではないでしょうか? 後輩達が具志堅 隆氏を目標に努力して、頑張って戴きたいと思います。

▼張本 智和さんと一緒に
ファイル 401-1.jpg

▼日本選手団とともに。※具志堅氏右隣に伊藤美誠(みま)選手、石川佳純選手
ファイル 401-2.jpg

同窓生紹介

多喜ひろみさん

  • 2016年03月14日(月)13時32分
  • by 同窓会事務局

先日、城岳同窓会事務所に、FM沖縄でご活躍中の多喜ひろみさん(26期生)が、終身会費の納入に訪れました。

お隣に写っているのは多喜さんのご主人で、彼も同窓生で25期生です。

▼お二人とも同窓生の多喜さんご夫妻
ファイル 337-1.jpg

関連リンク:城岳同窓会終身会費の納入について

同窓生紹介

第11回 市民公開講座(屋嘉比 康治・22期)

  • 2015年12月10日(木)17時01分
  • by 同窓会事務局

先日、沖縄県立博物館・美術館 講堂にて、
第11回 市民公開講座
『どうして太る、どうすれば太らない?
 〜太るメカニズムと肥満を予防するには〜』
が催されました。

講座は、那覇高22期の屋嘉比 康治 氏の司会により、大変興味深くまた、ユーモア溢れる講座でした。

▼屋嘉比 康治 氏
 (埼玉医科大学総合医療センター副医院長 消化器・肝臓内科 教授)
ファイル 328-1.jpg

講座の中で取り上げられたことで、お互いに気をつけなければいけない事柄をいくつか挙てみます。

1)生活の乱れが健康に悪影響をおよぼす。
2)食後30分後に軽い運動をすると健康に良い。
3)腸内フローラが多いと便通が良く、ノイローゼや精神障害が改善される。
4)マサイ族は寝るとき以外はずっと立っているから太らない。

等々、アット云う間に、時間が過ぎてしまいました。成る程、当たり前の事ですが、私にとっては耳の痛い内容でした。
(事務局長)

▼講座パンフレット
ファイル 328-2.jpg

同窓生紹介

書籍『遙かなる「満州』(17期・松島弘明さん)

  • 2015年10月28日(水)08時35分
  • by 同窓会事務局

先日、松島 弘明さん(17期)から書籍の寄贈がありましたので、同窓会員に紹介したいと思います。

松島 弘明 著
 遙かなる「満州」 ~父と母たちの昭和~

あの戦争とは何だったのか。
10・10空襲、新天地「満州」、敗戦、シベリア抑留・・・・。
歴史のうねりに翻弄されながらも、ひたむきに生きた家族の足跡をとおして、今日まで尾を引く戦争の時代を浮き彫りにする内容です。

・新星出版株式会社

▼遙かなる「満州」・表紙
ファイル 321-1.jpg

同窓生紹介

書籍の寄贈(那覇高34期・新城和博さん)

  • 2015年08月03日(月)16時38分
  • by 同窓会事務局

先日、那覇高34期生の新城和博さんから書籍の寄贈がありましたので、同窓会員に紹介したいと思います。

新城和博 著
 追憶と妄想のまち歩き・自転車散歩
  ぼくの〈那覇まち〉放浪記

「筆者自身が古い地図と記憶を片手に、ほろ歩いた那覇のまちを、
 懐かしく、新しい風景をエッセイにした。」

・ボーダインク刊
・定価(本体1,600円+税)


・県内の書店で購入出来ます。
・関連リンク:出版社紹介ページ

▼ぼくの〈那覇まち〉放浪記・表紙
ファイル 317-1.jpg

▼ぼくの〈那覇まち〉放浪記・うら表紙
ファイル 317-2.jpg

ページ移動