記事一覧

行事・イベント > 慰霊祭

平成30年度二中健児の塔慰霊祭

  • 2018年06月27日(水)17時07分
  • by 同窓会事務局

「鉄の暴風」が吹き荒れ島全体が焦土と化して、早や73年の月日が経てしまいました。先輩方のご冥福を祈り、悲惨な戦争を再び繰り返さない事を誓い、平和を祈り続けたいと願います。

今年もご遺族、二中同期生、城岳同窓会員、那覇高職員・PTA、教育実習生、生徒会役員学級代表、吹奏楽部・合唱部、放送部、剣道部、写真部、男子バスケットボール部など多くの方々がご参列戴きました。御礼申しあげます。

那覇高校では、平和校教育の一環として、前日(22日)の午後から、城岳公園に建立された「二中健児の塔」をはじめ、学校周辺を全校生徒で分担して清掃活動を行ないました。

そして23日(土)、厳かに慰霊祭が挙行されましたので、その様子をお伝えします。

◎清掃活動(6月22日)

▼「二中健児の塔慰霊祭」に向けて清掃活動の意義について宮里会長から説明がなされた。
ファイル 436-2.jpg

▼1年生は学校周辺の清掃にあたった。
ファイル 436-3.jpg

▼2年生は開南向け「せせらぎ通り」と裁判所通りを清掃
ファイル 436-4.jpg

▼3年生は明日の「二中健児の塔慰霊祭」城岳公園を心を込めて清掃した。
ファイル 436-5.jpg

▼当日には、多くのご遺族がお見えになるので念入りに清掃をした。

◎二中健児の塔慰霊祭(6月23日)

▼同窓職員と教育実習生が受付を行なった

▼各学級代表からの献花

▼吹奏楽部が厳かに献奏を行なった

▼宮里博史会長による「追悼の辞」

▼「誓いの言葉」津波古泰志生徒会長

▼遺族代表謝辞を金城恒陽氏が述べた。

▼焼香の後、慰霊碑に刻銘されている名前に触れて、ご冥福を祈る。

▼今年も「武陽会」から小林正美会長(右から4番目)と藤原康延TBSプロデューサー(左から3番目)が参列下さいました。

▼総会・懇親会実行委員(41期生)が駐車場係も手伝いながら参列してくれました。

▼二中健児の塔慰霊祭実施要項
ファイル 436-1.jpg