記事一覧

ヴェルサーチェ“文字盤が光る”新作メンズ腕時計

ヴェルサーチェ(VERSACE)より新作メンズ腕時計「グレカ クロノ ウォッチ」が登場。2020年12月15日(火)より全国のヴェルサーチェ ブティックおよび全国の時計店にて発売される。

今回登場する「グレカ クロノ ウォッチ」は、リューズをプッシュすることで、文字盤が青色にライトアップされる“インディグロテクノロジー”を搭載した腕時計。暗闇の中でも時間を確認できる視認性を確保しつつ、幻想的な表情を見せる一本に仕上げた。

文字盤の6時位置に配するサブダイヤルにはヴェルサーチェを象徴する“グレカ模様”をさり気なくデザイン。また、12時位置には同じくヴェルサーチェのアイコンとなる“メデューサ”のモチーフを施した。

なお、カラーは全5種で展開。ラグジュアリーなゴールド×ブラック、ゴールド×シルバーのステンレススチールベルトモデルをはじめ、スタイリッシュなムードのオールブラックのカーフレザーストラップモデルなどを用意する。

【関連記事】:紳士推薦します

ハリー・ウィンストン2021年新作ウィメンズウォッチ

ハリー・ウィンストン(HARRY WINSTON)のウォッチコレクション「HW オーシャン」から、2021年の新作ウィメンズモデル「HW オーシャン・バイレトログラード」が登場。

鮮やかカラーのウィメンズモデル「HW オーシャン・バイレトログラード」

ロレックス スーパーコピー
「HW オーシャン」は、ハリー・ウィンストンを代表する、ラグジュアリーなスポーツウォッチコレクション。そんな「HW オーシャン」の人気モデル「HW オーシャン・バイレトログラード」から登場した新作は、夏の日差しのようにエネルギッシュなカラーを纏っている。

イエローサファイア&オレンジスペサタイトをダイヤルとケースに

ダイヤルは、上品なホワイト マザー・オブ・パールがベース。その上に、色鮮やかなラウンド・ブリリアントカット・イエローサファイア、またはオレンジスペサタイトが、まばゆいほどに輝くラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドとともにあしらわれている。

12時の位置には、「HW オーシャン」コレクションの特徴でもある、オフセンターの時分カウンターをレイアウト。イエローサファイアまたはオレンジスペサタイトのリングに加え、トップにハリー・ウィンストンの象徴であるエメラルドカット・ダイヤモンドを配した。

上下逆方向に針が動く曜日&秒表示

ダイヤルの右下・左下に配置されたレトログラード式曜日表示&秒表示にも注目。これら2つのレトログラードは逆方向に進み、曜日表示は下から上へ、秒表示は上から下へと針が進んでいく。終点に到達すると、それぞれジャンプして始点に針が戻るという、ユニークな機構が搭載されている。また、6時位置には日付窓を配置し、カラフルなジェムストーンで囲んでいる。

リューズ位置には、ハリー・ウィンストン5番街本店のファサードを思わせる特徴的なモチーフを施した。

約65時間パワーリザーブのスイス製機械式自動巻きムーブメントを搭載

ラグジュアリーなデザインだけでなく高い機能性も搭載。ジェムストーンをあしらった18Kホワイトゴールド製ケースには、約65時間のパワーリザーブを備えたスイス製機械式自動巻きムーブメント「HW3302」を搭載。ケース裏側のサファイアクリスタルからは、正確な時を刻むムーブメントの動きを鑑賞できる。

ストラップは、オレンジスペサタイトモデルにはオレンジパール・アリゲーターストラップ、イエローサファイアモデルはイエローパール・アリゲーターストラップをそれぞれ組み合わせている。

【関連記事】:精密ブランド時計雑談

ロレックス×一生もの腕時計2選!

常に最高峰であり続ける、信頼度No.1の機構とブランド力

多くの一生物時計は高度な技術により堅牢で壊れにくくつくられているけれど、中でも『ロレックス』は最も信頼を得る時計ブランドのひとつ。
腕時計の開発・デザイン・製造など、あらゆる工程を自社工場で行う「マニュファクチュール」の中でも最大規模のひとつとして知られ、絶大な信頼を誇っています。


オイスター パーペチュアル 34

世界初の防水腕時計として発表されたことでも有名な『オイスター パーペチュアル』。水深100mまでの防水性能が保証されている「オイスターケース」に、独自開発の高精度ムーブメントを組み合わせた、ブランドの堅牢性を代表するモデルです。

シンプルで実用的な時計なので、女性が選ぶならカラーのフェイスなど少し茶目っ気のあるデザインでもOK。


レディ デイトジャスト 28

独自の日付表示・防水ケース・自動巻き機構をもつ画期的な「デイトジャスト(1945年発表)」は、過酷な環境でも機能性とエレガンスな美しさを保つロレックスの代表作。ゴールドは1000度以上で溶解、門外不出の製法で作られており、淡い色身が美しく保たれるエバーローズゴールドもそのひとつ。航空宇宙産業にも使われるスチールと組み合わせたコンビ仕様で、その調和も計算されているのです。

【関連記事】:http://disappointed.top